建物の価値を高めるために|予算削減のためのポイント|ビルの省エネで費用をカット

予算削減のためのポイント|ビルの省エネで費用をカット

作業員

建物の価値を高めるために

メンズ

人が集まる施設に

建物の中でもビルは、多くの部屋を設けているのが特徴です。そのため店舗や事務所として貸し出す場合でも効率良く賃借人を集められるため、投資物件としても効率が良いという利点があります。貸し出せる物件が多いというビルの特徴は、人を集めやすいという特性にもつながります。例えば一つの貸し店舗の場合、近隣に同じような物件がないときには相乗的な集客効果は期待できません。ところがビルであれば、一つでも利用客の多い店舗が入っているだけで賑わいます。これにより他の経営者からも魅力的な物件に映り、新たな賃借人を集めるという好循環が期待できます。結果としてビル全体だけでなく、周辺の物件にも価値を高める効果を与えるといった特徴もあります。

設備改善で魅力を高める

物件としてメリットが多いビルですが、所有したからといってそのまま放置してしまうと価値も下がってしまいます。いくつかの点について注意して改善していくと、ビルの価値をより高めることができます。設備の改善案として現在最も注目されているのが、電気効率の良い設備へと変更する省エネ化です。少ない消費電力で明るく照らしてくれるLEDライトや、快適な温度を自動で維持してくれる自動化された空調設備などは、電力消費を抑えながら快適なビルを作り出してくれます。セキュリティ面での改善も、物件選びをしている人に対して大きな訴求力を持ちます。ビルはどうしても見知らぬ人々が集まりやすいため、セキュリティ面はおろそかになりがちです。入退室の管理や履歴、権限の管理を行うことで、セキュリティを高め安心できる空間になります。