環境と実用性|予算削減のためのポイント|ビルの省エネで費用をカット

予算削減のためのポイント|ビルの省エネで費用をカット

作業員

環境と実用性

スーツの人

まだまだ伸びる

エネルギー問題は人類の永遠のテーマとも言えそうですが、今後の展開は自然エネルギーの扱い次第となるでしょう。自然エネルギーは最近では再生可能エネルギーと呼ばれています。枯渇することがなく、温暖化対策としても注目されています。ただ、安定供給への道のりはまだ遠く、いまは補完的な色合いが濃くなっています。日本で主流となりつつある自然エネルギーといえば、太陽光発電です。政府主導で設置を推奨しており、補助金など支援も行なっています。それに追随するかのように、各メーカーが効率よいソーラーパネルを次々と販売していますし、他業種の法人も積極的に太陽光電気事業に参入しています。従来の火力・水力・原子力に追いつく日が来るかもしれません。

次世代を担う

さて、太陽光発電の話をしましたが、他の自然エネルギーも注目されています。たとえば日本のような火山列島では地熱発電も有力ですし、偏西風が吹く気候なので風力も増えていくでしょう。非枯渇とも言えませんが、バイオマス発電も研究が進められ、次世代の電力を担うとも言われています。まだ実用段階にはほど遠いですが、藻を使った炭化水素を発生させるエネルギーもありますし、もしかしたら画期的な新エネルギーが生まれることがあるかもしれません。自然エネルギーはいま世界中が注目していますので、新しい研究にはどんどん資金が注入されています。石油や石炭やガスといった化石燃料がなくなる前に、ぜひ安価で環境に良いものを開発してほしいものです。