自動技術で暮らしも便利に|予算削減のためのポイント|ビルの省エネで費用をカット

予算削減のためのポイント|ビルの省エネで費用をカット

作業員

自動技術で暮らしも便利に

背広の男性

住宅の快適さも実現

主に工場の省力化の手段として使われてきた自動制御ですが、最近は私たちが暮らす住宅においても徐々に浸透しつつあります。例えば暑い季節に室温を下げてくれる空調機器などは、涼しさを求めるあまりどうしても冷やし過ぎることがよくあります。そこで空調機器に自動制御を組み込むと、快適と判断できる室温にまで下がった時点で、自動で運転が停止します。これにより冷え過ぎだけでなく、電力の無駄な消費をも防いでくれるため、節電に役立つと評価されています。家全体の電力をコントロールできる自動制御装置であれば、ブレーカーが落ちないような電力管理も可能になります。電力消費の増大を感知すると自動でクッキングヒーターの火力を下げたり、余った電力を使ってお風呂を沸かすといったことも人が意識せずとも実現してくれます。自動制御は、無駄をなくし暮らしやすい空間を作り出してくれる技術と言えます。

安定した品質を実現

エアコンを使って部屋の温度を一定にするには、通常であれば人間が温度計を確認し温度の上げ下げなどを調節します。しかしこの方法では常に人の手を介する必要があるため、どうしても手間がかかってしまうという難点があります。人による操作がなくても適温になるよう調節するには、自動制御と呼ばれる仕組みを用います。自動制御とは目標に合った条件を作り出すために、組み合わせた機械や装置などに操作を行わせることを言います。あらかじめ条件を指定しておくことで、運転開始後は自動でこちらのニーズを満たしてくれるのが特徴です。先ほどの室温についても、自動制御があれば一度設定温度を指定するだけで、後は機械が勝手に動作して温度を保ってくれます。人間の手間を省き、快適な空間を作り出してくれるのが自動制御の特徴と言えます。